Works

Design works

IMG_0308_s.jpg

2021 三越 春の逸品会 (東京・ホテルニューオータニ)

2021年2月13日-14日にニューオータニ東京で開催された2021三越春の逸品会にて、丹羽英之が会場装花のデザイン・ディレクションを担当しました。会場装花の全体テーマは「桜」。早咲きの河津桜を中心に、メイン会場には高さ4mを超える作品でお客様をお迎えしました。各エリアごとに異なるテーマで桜を用いた春の演出をご提案。どこの会場へ訪れても違った作品を楽しめるように、全て違ったデザインで構成された贅沢な空間となりました。

IMG_0391_s.jpg IMG_0336_s.jpg

 _______________________

IMG_8236_s_2.jpg

アグロ・イノベーション2020ブース「JAPAN ROSES from YAMAGATA 」(東京ビッグサイト)

2020111113京ビッグサイトにて催されたアグロイノベション2020にてブスデザイン修を丹羽英之が担当しました。コロナにて打を受けている日本の花卉界。日本の生により生み出されたバラのすばらしさを再認識していただけるよう、バラ出量にて全国上位の山形県・鮭川村にて生されたバラを使用した装を行いました。作品を通して国バラ、ひいては国花卉のの高さをもっと多くの人に肌で感じてもらいたい、そんな想いを胸にブス作品をご提案させていただきました。(花き需要大推進協議 助事 次世代国花き産業確立事)

IMG_8239.JPG IMG_8247.JPG

_______________________

逸品会iphone画像_200916_5_s.jpg

2020 三越 秋の逸品会 (東京・ホテルニューオータニ)

2020年9月12日-13日にニューオータニ東京で開催された2020三越秋の逸品会にて、丹羽英之が会場装花のデザイン・ディレクションを担当しました。お客様をお迎えするエントランスには紅葉ナナカマドと色とりどりのマムを大胆に活け、会場内にはそれぞれの売り場コンセプトに合わせたフローラルアートを展示。秋に旬を迎える花々を中心に、ご来場いただいた皆様にそれぞれのエリアで新しい発見を楽しんでいただける装花を飾らせていただきました。

IMG_6467_s.jpg IMG_6574_s.jpg

 _______________________

IMG_0045.jpeg

日本橋三越本店 エントランス装花 (東京・日本橋)

日本橋三越本店(東京・日本橋)のエントランス装花デザインを丹羽英之が担当しました。2019年5月1日から新しくオープンする本館屋上「日本橋庭園」のコンセプトをもとに、 エントランス装花も、グリーン系のみでまとめ、シンプルながらも洗練されたデザインに。新元号へと変わる大切な日を迎えるにあたり、日本を象徴する「菊」の中から、 グリーンの菊(マム)を装花に取り入れ、新しい時代を迎える日本橋三越本店に相応しいメッセージとなるように、想いを込めました。

IMG_0066.jpeg IMG_0064_s.jpg

_______________________

 

 

niwa-1638.jpeg

ハウステンボス「花の世界大会&ガーデニングショー2017」(長崎)

2017年10月7日(土)〜11月5日(日)、ハウステンボスにて「花の世界大会&ガーデニングショー2017」が開催され、パレスハウステンボス内のチャペル「ホワイトシンフォニー」にて丹羽英之の作品が展示されました。正面に海が見渡せる美しい白いチャペルからインスピレーションを受けた今回の作品は、白くペイントされた優艶な竹林と、サントリーフラワーズの青いカーネーション「ムーンダスト」の花の波が、水平線と交わり、幻想的な空間を創り出しています。海が見渡せる明るい昼間も素敵ですが、日が沈んだ後の月明かりを感じる夜の景色からも、また違った作品の一面を見ることができます。

niwa-1622.jpeg niwa-4741.jpeg

_______________________

 

 

1 2